直接持ち込む|機密文書の持込キャンペーン

直接持込で、1箱540円から機密文書のリサイクル。専用倉庫内での溶解処理を採用しております。

オフィスの不要品回収は株式会社ワタコー

  1. トップページ
  2. 持込キャンペーン
  3. お客様による持込

機密文書の直接持込・オフィスの不要品回収

機密文書・オフィスの不要品回収は株式会社ワタコー

機密文書の安全廃棄・直接持ち込み

機密文書の直接持ち込み|重要な書類は溶解処理でリサイクル

◆ 機密文書・不要な古紙は、毎週月曜日(祝日を除く)時間指定は午前11:00〜午後14:00の間に搬入して下さい。
◆ 弊社が重要書類をお預かりした後、株式会社ワタコーの廃棄書類搬入証明書を発行致します。
◆ 溶解証明書の発行をご希望のお客様は、別途料金216円頂きます。
デジカメ撮影サービスをご希望のお客様は別途料金、540円頂きます。
溶解動画サービスをご希望のお客様は別途料金、540円頂きます。
◆ 持込キャンペーンを利用した溶解処理立ち会いサービスは、ご利用頂けません。ご了承下さい。
◆ お支払いに振込を選択される場合は、事前の入金が必要になります。入金確認の取れない荷物は、着払いで返送致します。
◆ 品質向上の為、不審に感じた箱は、内容物のチェックを行う場合が御座います。
◆ 紙以外の物が多量に含まれている場合、追加料金又は着払いで返送する場合が御座います。
◆ お客様都合によるキャンセルに関しては、返金致しませんのでご注意下さい。

運送会社を利用した持込の詳細はこちら

溶解処理(書類の廃棄)|基本的に混入してはいけない物

禁忌品とは?
重要書類の廃棄処分(リサイクル)の際に、混入してはいけない物を言います。
ホチキス針、クリップ、バインダー、ファイル等を取り外す必要はありませんが、下記のものは、水に溶けにくいなどの理由により リサイクル原料に適していません。通常の業務で発生しそうなものばかりなので完全に除去することは困難だと思いますが、 大量に含まれる事の無い様にお願い致します。

・クリアファイル ・ビニール製品 ・粘着テープ類 ・ワッペン類 ・フィルム類 ・発砲スチロール ・セロハン ・プラスチック製品 ・ガラス製品 ・油紙  ・布製品 ・窓の付いた封筒  ・ビニールコート紙・紙コップなどのワックス加工紙 ・写真 ・合成紙 ・防水加工紙  ・感熱発泡紙 ・裏カーボン紙 

機密文書溶解処理|代表的な禁忌品

機密文書の持ち込みの際に弊社担当員が不審に感じた箱に限り、品質チェックをさせて頂きます。
その際、下記の画像のような物が混入しない様、(フロッピー、CD、ベタカーボン、書類の挟んでいない空ファイル、写真、大量のビニールを使用した製品などは混入しないで下さい)事前に仕分けをお願い致します。
今後とも株式会社ワタコーの機密文書溶解処理サービスをご提供出来る様、努力して参ります。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご協力の程宜しくお願い致します。

溶解処理に混入禁止な物